“うなずき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
首肯66.7%
点頭16.7%
16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老人は首肯ながら、朱泥急須から、緑を含む琥珀色玉液を、二三滴ずつ、茶碗の底へしたたらす。清いりがかすかに鼻をう気分がした。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
首を垂れて聴て居た貞之進は、その時冷たい汗が腋下を伝わるとゝもにやゝ安堵し、手紙に書いたまゝの事を、ぽつ/\と句切って繰返すを、そうか/\と庄右衛門は点頭ながら四辺を看廻わし
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
由紀を抱きかくしながらって見た時、銀杏返の方が莞爾すると、円髷のが、を含んで眉を伏せた、ト顔も消えて、ばかり、昼間見た風のになって、スーッと、肩をかさねて、階子段へ沈み
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)