“いほ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イホ
語句割合
72.2%
五百22.2%
伊保5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このいほ三月みつき五月いつつき棲み馴れていよよ親しむ西日の反射
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
寂しさに堪へたる人の又もあれないほをならべむ冬の山里 (西行法師)
『さびし』の伝統 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
此事は独り松田氏が聞き伝へてゐるのみではなく、渋江保さんの如きも母五百いほに聞いて知つてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
五百いほあまり華のよろこびみましてなほかがやかしみ園は久に
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「さればです。一道は、三本木さんぼんぎを経て伊保いほへ出るもの。また諸輪もろわをとおり挙母ころもへ出る道。……それと、長久手ながくて祐福寺ゆうふくじをこえ、明智あけちつつみと出て、岡崎へいたる道との三つでござるが」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)