“海獺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あじか50.0%
らっこ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいえ、大丈夫、とらの刻までは海獺あじかめて、ここに寝ていたって警察なんぞ、と六尺坊主がいったんです。」
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たとえばレエスの衿飾えりかざりや、絹の靴下、それから首飾や、ペルシャ頭巾の入った宝石函、長い海獺らっこのマッフや手套、舞踏服、散歩服、訪問服、帽子や、お茶時の服や、扇などが