“黙礼”の読み方と例文
旧字:默禮
読み方割合
もくれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その軍隊はきわめて静粛ひとつたてません。やがて老人るときに、青年黙礼をして、ばらのをかいだのでありました。
野ばら (新字新仮名) / 小川未明(著)
細君下女じて花前をよばせる。まもなくかれはズボンチョッキのこざっぱりしたふうで唐紙へすわった。のごとく黙礼しただけで、もとよりものをいわずよそ見をしている。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
黙礼して左右にわかれる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)