“黙言”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だんまり75.0%
だまっ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黙言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
叱言こごとを、と思う頬辺ほっぺたを窪めて、もぐもぐと呑込んで黙言だんまりの、眉毛をもじゃ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あわせをしゃんと、前垂がけ、つまを取るのは知らない風に、庭下駄を引掛ひっかけて、二ツ三ツ飛石を伝うて、カチリと外すと、戸を押してずッと入る先生の背中を一ツ、黙言だんまりで、はたと打った。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ねエ岡本君!」と言い足した。岡本はただ、黙言だまっ首肯うなずいたばかりであった。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
人々は投げだすように言ったが、近藤のみは黙言だまって岡本の説明を待ているらしい。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)