“黒裝束”の読み方と例文
新字:黒装束
読み方割合
くろしやうぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると、臺の上に立つたお靜は何時の間にやら、黒裝束の人間達の手で、十七乙女の若々しい肌へ、ベタベタと金箔を置かれてゐるところだつたのです。
りければ夫こそ屈竟の事なりとて兩人相談同く十七年十月二十八日の夜は車軸を流し四邊眞闇なれば是ぞ幸ひなりと兩人は黒裝束に目ばかり頭巾にて島屋の店へ忍び入金箱に手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何處から飛出したか、黒裝束が七八人、三方から取圍んで、水も漏らさじと詰め寄るのです。