“黒紋着”の読み方と例文
読み方割合
くろもんつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先刻から、ただ柳が枝垂れたように行燈にれていた、黒紋着のその雪女が、りんとなって、両手で紳士の胸をした。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金剛杖脇挟んだ、片手に、帯の結目をみしと取つて、黒紋着武士俯向けに引提げた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
結構そうなお爺さんの黒紋着、意地の悪そうな婆さんの黄色い襟もったが、男女合わせて十四五人、いずれもで、星も晴々と母衣ねた、中に一台、母衣を懸けたのが当のの縁女であろう。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)