“鬂櫛”の読み方と例文
読み方割合
びんぐし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はらりと下る前髮の毛を黄楊鬂櫛にちやつと掻きあげて、伯母さんあの太夫さん呼んで來ませうとて、はたはた驅けよつて袂にすがり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
はらりと下る前髪の毛を黄楊鬂櫛にちやつときあげて、伯母さんあの太夫さん呼んで来ませうとて、はたはた駆けよつてにすがり
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あれ此町にはかせぬがくしとやの女房うちしてへば、店先をかけて往來めしがへりの美登利、はらりと前髮黄楊鬂櫛にちやつときあげて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)