“雨止:あまや” の例文
“雨止:あまや”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
林不忘1
芥川竜之介1
“雨止:あまや”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼の心には刹那せつなの間、あの古ぼけた教室の玄関に、雨止あまやみを待っていた彼女の姿が、稲妻いなずまのように閃いた。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
雨脚あまあしの強弱はともかくも、女は雨止あまやみを待つもののごとく、静に薄暗い空を仰いでいた。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「長庵、今は帰れぬ。一まず、こっちへはいれ。はいって、雨止あまやみを待つがよい」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
新「兎も角も彼処あすこへ往って雨止あまやみをしよう」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
泊めるたって泊めねえたっておれうちじゃアねえ、己も通り掛って雷鳴が嫌いで、大雨は降るし、仕様がえが、此処こゝいえへ駈込んで、あるじは留守だが雨止あまやみをする間
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)