“雨声”の読み方と例文
読み方割合
うせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
師弟共に黙して雨声くもの多時、忽ち一人あり。高歌して門外を過ぐ。芳涯莞爾として、諸弟子を顧みて曰、「せりや」と。句下殺人の意あり。
沸くが如きその心のしさには似で、小暗き空に満てる雨声を破りて、三面の盤の鳴る石は断続してだ幽なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
平中は耳を側立てた。成程ふと気がついて見れば、不相変小止みない雨声と一しよに、御前へ詰めてゐた女房たちが局々に帰るらしい、人ざわめきが聞えて来る。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)