“雛妓:こども” の例文
“雛妓:こども”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
中里介山1
泉鏡花1
長谷川時雨1
“雛妓:こども”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
地味な気性でも若い芸妓である、雛妓こどものうちから顔馴染なじみの多い土地で住居うちをもったから、訪ねてくるものもある。
雛妓こどもたちが、やっと、相顧みてささやき合うたのも無理のないところでしたが、その死人が、やがてまた口をき出しました、
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
村正氏を先に立てて、一隊十余人の雛妓こどもは、有無なくこの一間に進入して、そうして、これから遊ぼうという、全く遊びたくない気分で遊ばなければならない。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
何もこれきりお前の処へ来ないという訳でも無く盆暮には屹度きっと顔を出させるようにします、差支さしつかえは有りますまいが、またういう雛妓こどもを抱えいとか
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と廊下から雛妓こどもの声。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)