“険隘”の読み方と例文
読み方割合
けんあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地形の険隘に気づいて、張郃もここまで来ると、盲進するなく、一応軍勢をととのえていたが、魏延はその暇を与えず、絶えず戦いを挑んできては彼をめた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
開平の東北の地なり。時に余瑱居庸関を守る。王曰く、居庸は険隘にして、北平の咽喉也、敵るは、れ我がつなり、急に取らざる可からずと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
けれど一方、陰平険隘を突破した鄧艾の軍は、ときすでに蜀中を席巻し、直ちに成都へ突入していた。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)