“陸軍病院”の読み方と例文
読み方割合
りくぐんびょういん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
懇意准尉さんで、陸軍病院っていなさるのを、これからみまいにいくのだ。達吉も、いっしょにこないか。」
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
上等兵小野清作は、陸軍病院手厚治療で、傷口もすっかりなおれば、このごろは義手いてなに不自由なく仕事ができるようになりました。
村へ帰った傷兵 (新字新仮名) / 小川未明(著)
某幼稚園では、こんど陸軍病院傷痍軍人たちをおみまいにいくことになりましたので、このあいだから生徒らは、のけいこや、バイオリンの練習余念がなかったのです。
少女と老兵士 (新字新仮名) / 小川未明(著)