“限無”の読み方と例文
読み方割合
かぎりな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮のはりし処も、又は追来し筋も、彼処よ、此処よと、に一々しては、限無けるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
八重りてよりわれはこの世の清福限無き身とはなりにけり。人はを嘆ずるが常なり。然るにわれはに老のの新なるを誇らんとす。人生の哀楽唯その人の心一ツによる。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
旗野に一人あり。名をといひて寵愛限無かりき。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)