“阿具沼”の読み方と例文
読み方割合
あぐぬま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは、この時分からも、もっともっと新羅の国の阿具沼というのほとりで、ある日一人の女が昼寝をしておりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
新羅阿具沼というのそばで、ある日一人の女が昼寝をしておりました。するとふしぎにも日ののようになって、ている女のにさしみました。
赤い玉 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
また昔新羅國主の子、名は日矛といふあり。この人まゐ渡り來つ。まゐ渡り來つる故は、新羅の國に一つの沼あり、名を阿具沼といふ。この沼の邊に、ある賤の女晝寢したり。