“金城鉄壁”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんじょうてっぺき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この摂津せっつ要害ようがい金城鉄壁きんじょうてっぺきをきずかれたのは、たしかに家康いえやすのほうにとってありがたくない目の上のこぶにはちがいない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地表と電気天井の間で煙のように消えてしまったものではなく、実に電波にとっては金城鉄壁きんじょうてっぺきだと思われていた電気天井をばまるでかごの目から水がるように、イヤそれよりもX光線が木でも肉でもすかすように、超短波は電気天井をスースー外へ抜けていたのでした。
科学が臍を曲げた話 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)