“赤尾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あかを100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“赤尾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
赤尾あかをひこ息子むすこのやうにちがひにつてかへつたもり候へば
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
楽隠居なされたきおのぞみのよし、これしかるべき事と御親類一同の御決義、私は初手から貴君様を東京へお出し申すは気に喰はぬほどにて、申しては失礼なれどいささかの学問などどうでもい事、赤尾あかをの彦が息子のやうに気ちがひに成つて帰つたも見てをり候へば
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)