“誂物”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あつらえもの66.7%
あつらへもの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“誂物”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もとより温厚の人でございますから、ってと云うので、是から無極の二階へ通りました。追々誂物あつらえものの肴が出てまいりましたから、
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「明日までに納める誂物あつらえものがあるから、どうしても出られないって言ってたぜ」
女中は折角誂物あつらへものを訊いたのには答へないで、思ひもかけない事をいふ客をうさんくさゝうに見ながら、首を傾けた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)