“角文字”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つのもじ66.7%
かくもじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“角文字”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
れですからうし角文字つのもじといふのは貴方あなたをおたのみになつたらうでございますといふので。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
二ツ文字もじはこの字で、うし角文字つのもじは、いろはのいの字、すぐ文字もじはしの字で、ゆがみ文字もじはくのでございます
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
いっぱいに並べた書物が紺に、黄に、いろいろに、ゆかしき光を闘わすなかに花文字の、角文字かくもじの金は、縦にも横にも奇麗である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)