“見本”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
サンプル66.7%
みほん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見本”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
叔父の言葉によると、どうやらそれを眼あてに彼をこの島に連れて来たらしい。彼は一つの見本サンプルとして連れて来られたのだ。
地図にない島 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
しかし、ただ窓をとおして顔を見あったり饒舌しゃべったりするだけのことだから、まるで動物園にお百度を踏むのと同じで、通うと言ったところで、単にセニョルのほうで、愛の恒久性、恋の保証をこういう手段で見本サンプルに示すに過ぎない。
(ほとゝぎすなきつるかたをながむれば)——(それにつけてもかねのほしさよ、)——一寸ちよつと見本みほんがこんなところ。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)