“行雲流水”の読み方と例文
読み方割合
こううんりゅうすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあに二三行ばかりですがね。苦沙弥君の文は行雲流水のごとしとありましたよ」細君は少しにこにこして「それぎりですか」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
沢庵も、これから行雲流水の旅に向い、当分はお別れとなろうというし、武蔵もまた、きょうを第一歩として、人間修行と、兵法鍛錬の旅路に上りたいという。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なんともせぬ。行雲流水
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)