“行雲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こううん50.0%
コウウン50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すだれ打つ風には悲壮の気満ち空の色怪しきまでに青く澄み渡るがまま隠君子いんくんしならぬ身もおのずから行雲こううんの影を眺めて無限の興を催すもこの時節である。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
一片ノ行雲コウウン画堂ガドウニ到ル
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)