“色身”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しきしん44.4%
シキシン33.3%
いろみ22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姫のびとに貸すための衣に描いた絵様は、そのまま曼陀羅のを具えていたにしても、姫はその中に、唯一人の色身の幻を描いたに過ぎなかった。
姫の俤びとに貸す爲の衣に描いた繪樣は、そのまゝ曼陀羅のを具へて居たにしても、姫はその中に、唯一人の色身の幻を描いたに過ぎなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
月代真青で、の膨れた色身な手代、うんざり鬢のが一人、これがへ立って、コトン、コトンと棒を突く。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)