腹鼓はらつゞみ)” の例文
んぞとふと小言こごとやアがる、あにきもねえもんだ、あにきたぬき)の腹鼓はらつゞみが聞いてあきれるとぬかしやアがるから
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
狸の腹鼓はらつゞみのやうなおとである。