“群雄割拠”の読み方と例文
旧字:群雄割據
読み方割合
ぐんゆうかっきょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど諸国の武族は各〻みなその郷国での地盤をかため、自信をえ、それが次に来る群雄割拠萌芽を地表にあらわし始めていた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主題たる戦争行為だとか群雄割拠の状などは、さながらられた彼の民俗絵巻でもあり、その生々動流するは、天地間を舞台として
三国志:01 序 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
群雄割拠の小国と小国とが戦って大国となり、大国と大国とが戦って、かの唐土の六国や三国のごとき対立の世代になり、ついには二大強国のふたつの世界にまでなってくる
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)