“網裡”の読み方と例文
読み方割合
まうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
めしが如くまだ生々しきて見ゆればに吉兵衞は愕然として扨ても山賊の住家なりる所へ泊りしこそ不覺なれと後悔すれど今は網裡の魚函中また詮方りければ如何はせんと再びながらも次の間の動靜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)