“紅色:あかみ” の例文
“紅色:あかみ”を含む作品の著者(上位)作品数
村井弦斎1
高山樗牛1
“紅色:あかみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは最初習慣を付けないからです。にわとり初産ういざん肝腎かんじんで、ひな鶏冠とさか紅色あかみを増して来るとモー産み出す前ですから産卵箱というものを少し高い処へこしらえてらなければなりません。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
日來ひごろ快濶にして物に鬱する事などの夢にもなかりし時頼の氣風何時いつしか變りて、うれはしげに思ひわづらふ朝夕の樣ただならず、紅色あかみを帶びしつや/\しき頬の色少しく蒼ざめて、常にも似で物言ふ事も稀になり、太息といきの數のみぞ唯ゝ増さりける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)