“米饅頭”の読み方と例文
読み方割合
よねまんじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに、早いに越したことはないが、いつでもよい。何しろ、わしの母ときては、以前からここの米饅頭というと、眼のない好物なのでな……」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それは好いけれど、何かこう、茶菓子になる物は無いかえ。川上になるが、川崎万年屋の鶴と亀との米饅頭くらい取寄せて置いても好い筈だが」
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
三十五日には見事な米饅頭と麦饅頭との蒸物に茶を添えて近所に配った。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)