“第壱号”の読み方と例文
読み方割合
だいいちがう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雑誌を出すにては、前々から編輯山田とが引受けて、石橋庶務つてたので、三人署名人として、明治十九年の春にめて我楽多文庫第壱号として出版した
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)