“竹薮”の読み方と例文
読み方割合
たけやぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
谷の一つの浅い部分は耕されて旧士族地を取囲いているが、その桑畠や竹薮にしたところに桜井先生の住居があった。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
其頃御坊さんの竹薮を取りにつた在所の者が白いを見附けた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
裏庭には茶畠もあれば竹薮もあったこと、自分でを取って野菜を作ったこと、西洋の草花もいろいろ植えて、鶏も飼う、猫も居る——丁度、八年の間
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)