“端厳微妙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たんごんみみょう40.0%
たんげんびみょう20.0%
たんげんみみょう20.0%
たんげんみみよう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安庠漸々向菩提樹。』女人を見、乳糜にかれた、端厳微妙の世尊の御姿が、のあたりにまれるようではないか?
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
端厳微妙なる大悲観世音の御姿を持ってるようなものが出来たのである。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
端厳微妙のおんかおばせ、雲の袖、霞のちらちらと瓔珞をかけたまいたる、玉なす胸に繊手を添えて、ひたと、おさなごをきたまえるが、仰ぐ仰ぐ瞳うごきて、ほほえみたまうと、見たる時
竜潭譚 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
端厳微妙のおんかほばせ、雲のちらちらと瓔珞をかけたまひたる、なす胸に繊手を添へて、ひたと、をさなごをきたまへるが、ぐ仰ぐうごきて、ほほゑみたまふと、見たる時
竜潭譚 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)