“甚深微妙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんしんみみょう50.0%
じんじんみめう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“甚深微妙”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかもその法は、妙法といわれる甚深微妙じんしんみみょうなる宇宙の真理で、その真理の法はけがれた私たち人間の心のうちに埋もれておりながらも、少しも汚されていないから、これを蓮華れんげに譬えていったのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
さてこの観世音菩薩が、「深般若波羅蜜多じんはんにゃはらみたぎょうずる時」というのは、どんな意味であるかというに、すでに申し上げておいたごとく、それは、観音さまが甚深微妙じんしんみみょうなる般若の宗教を実践せられたということで
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
無上甚深微妙じんじんみめう法 百千万ごふ難遭遇
柳沢 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)