“端厳美”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんげんび100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“端厳美”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しいて周囲から作られた人工の端厳美たんげんびと、みずからの人間性とを、たとえば、牡丹と雑草のツルを一つ鉢にしたように、その身へからみ合せて、常住の権威の座で、しばしば狂いもがいている人と見れば、むしろあわれで、何もおかしいことはない。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)