“破邪顕正”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はじゃけんしょう66.7%
はじゃけんせい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“破邪顕正”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そしてこの認識的蒙昧もうまいから、詩の質と価値とは次第に低下し、しかもこれを破邪顕正はじゃけんしょうすべき正見がない。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
この記事が流布本に載せられていない理由は、恐らくその余りに荒唐無稽に類する所から、こう云う破邪顕正はじゃけんしょう標榜ひょうぼうする書物の性質上、故意の脱漏だつろうを利としたからでもあろうか。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
破邪顕正はじゃけんせいそのものの光、偽りを許さぬ剣の光の前に、暗鬱な、邪心を押しかくした心をもって、なんで抜いてみる気になれようか。なんで、じッと、それに対して目をそむけずにいられようか。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)