“石積”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こくづみ60.0%
いしつみ20.0%
ごくづみ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手が、砂地に引上げてある難破船の、かにその形をめて居る、三十石積と見覚えのある、そのにかかって、五寸釘をヒヤヒヤとんで、また身震をした。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
石積などチベット国民のあらゆる職業(〔中、屠者猟師の業を除いては何の職業でも〕)僧侶のうちに見出せないものはない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「あの鳴門のの海、越えぬ者は怖ろしがる。だが、恋もそれに同じこと、渡ってみれば苦もないのじゃ。ましてや千石積のお関船、渦に巻かるるおそれもなし、楽しい彼岸は一夜のうちに迎えてくれる」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)