“猿蔵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さるぞう66.7%
さるざう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“猿蔵”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎3.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
表梯子おもてはしごのぼれば猿蔵さるぞう染五郎二人ににんの室あり家橘栄三郎これに隣してまた鏡台を並ぶ。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
猿蔵さるぞうの信楽勘十郎、庄屋めきたる家康公にて一驚を喫はせられし当座なれば、評は預る。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
「さていよ/\勧進帳の幕が開いた。三升の富樫、猿蔵さるざうの義経で、寿海が辨慶に扮したのである。猿蔵と云つたのは三升の弟で、後の九代目団十郎の兄である。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)