“濡葉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬれは66.7%
ぬれば33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“濡葉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
代助はひかりびる庭の濡葉ぬれはを長いあひだ椽側からながめてゐたが、仕舞に下駄を穿いてしたりた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
代助は光を浴びる庭の濡葉ぬれはを長い間縁側から眺めていたが、仕舞に下駄を穿いて下へ降りた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
やはらかい濡葉ぬればのしたをこごみがちに迷つて、
藍色の蟇 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)