“柞蚕”の読み方と例文
読み方割合
さくさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上価段が半分だと云う。柞蚕から羽二重が織れて、それが内地の半額で買えたらさぞかろう。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
柞蚕から取った糸を並べて、これが従来の奴ですと云うのを見ると、なるほど色が黒い。こっちは精製した方でと、に出されると全く白い。かつなしにでき上っている。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)