“枕紙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まくらがみ75.0%
まくらかみ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥様のお出来なされた処を見たり、ぴつたりと御出のとまつた処を見たり、まだまだ一層かなしい夢を見て枕紙がびつしよりに成つた事もござんす
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しかし勤めの身は悲しいもので、あすはどういう客に逢おうも知れないと、彼女は枕紙を濡らして話した。
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
奧樣のお出來なされたたり、ぴつたりと御出のとまつたたり、まだ/\一層かなしい枕紙がびつしよりにつたもござんす
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)