“暴利”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうり50.0%
ぼら50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始のほどは高利の金を貸し付けて暴利り、作事へて他をれ、出ては訴訟沙汰ツては俗事談判ゆる間も無き中に立ツて、として、たゞ其の懐中すことのみ汲々としてゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
静かで暴利ないのとで、一部の商用を帯びた旅行者などには、よく知られていたのだった。
ロウモン街の自殺ホテル (新字新仮名) / 牧逸馬(著)