“推辭”の読み方と例文
読み方割合
いなむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫程にて給はるからは此方も今は推辭なし吾儕承諾致したが女兒は如何と振返り問れてお光は先程より父ととの物語り昨日見染めた其人は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
爲す者其方の外には決して有可からず能せよかしと内命ありしに忠相ぬしも推辭なく遂に天一をして僞者とし二葉の中にたるなりとの事實に然るか
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)