)” の例文
燈籠へ倚掛つて頬杖でもいて、空をめてゐるなども可いよ。ねえ、如何でせう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
甲者は頬杖きたりしして、弁者の前に差し寄せつつ
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒焦に削れたるのみ短く残れる一列の立木のに、く盛りたるは土蔵の名残と踏み行けば、灰燼の熱気はだ冷めずして、つ。貫一は前杖いて悵然としてめり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そのげなる面杖きたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)