“拄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
66.7%
つか33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燈籠へ倚掛つて頬杖でもいて、空をめてゐるなども可いよ。ねえ、如何でせう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
甲者は頬杖きたりしして、弁者の前に差し寄せつつ
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼は先づかく会釈して席に着きけるに、婦人は猶もを示さざらんやうにを下げて礼をせり。しかも彼はくその下げたるへたる手とを挙げざるなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
涙ながらに手をへて、吾が足下額叩く宮を、何為らんとやうに打見遣りたる貫一は
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)