つか)” の例文
彼は先づかく会釈して席に着きけるに、婦人は猶もを示さざらんやうにを下げて礼をせり。しかも彼はくその下げたるへたる手とを挙げざるなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
涙ながらに手をへて、吾が足下額叩く宮を、何為らんとやうに打見遣りたる貫一は
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かくきつつ庭下駄を引掛け、急ぎ行きて、その想へるやうに燈籠にしめ、頬杖をしめ、空を眺めよと教へて、めるをべ、を引直し、さて好しと、退きて姿勢を見るとともに
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)