“打戦”のいろいろな読み方と例文
旧字:打戰
読み方(ふりがな)割合
うちわなな75.0%
うちおのの25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打戦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これを聞いてかれは思わず手を差延べて、いだこうとしたが、触れば消失きえうせるであろうと思って、悚然ぞっとして膝に置いたが、打戦うちわななく。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これと、肩を押えてゆすぶれば、打戦うちわななくのみいらえは無し。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
連理引きに引かれたらむように、婦人は跳ね起きて打戦うちおののき、諸袖もろそでに顔を隠し、俯伏うつぶしになりて
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
PR