“微罪:びざい” の例文
“微罪:びざい”を含む作品の著者(上位)作品数
海野十三1
長塚節1
“微罪:びざい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
微罪びざいといふのでそのすぢ手加減てかげん出來できたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
微罪びざい不検挙(始末書提出)
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)