“御館:おんやかた” の例文
“御館:おんやかた”を含む作品の著者(上位)作品数
宇田川文海1
泉鏡花1
“御館:おんやかた”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ゆうしは浪のうえ御帰おんかえ御館おんやかた首尾しゅび如何いかゞ此方こなたにてはわすれねばこそおもいださずそろかしく
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
れば、此ぢや。……浜松の本陣から引攫ひきさろうて持つて参つて、約束通り、京極、比野大納言殿の御館おんやかたへ、しかも、念入りに、十二けんのお廊下へドタリとつた。」
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)