“幾万”のいろいろな読み方と例文
旧字:幾萬
読み方割合
いくまん75.0%
いくよろづ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生活差別のあるのは、ひとり、幾万人間んでいる都会ばかりでありません。田舎においてもじであります。
愛は不思議なもの (新字新仮名) / 小川未明(著)
それといっしょにまた幾万という鳥のれがそらをまっすぐにかけたのです。二人の顔を出しているまん中のからあの女の子が顔を出してしいをかがやかせながらそらをぎました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)