“巌々”の読み方と例文
読み方割合
がんがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巌々たる岩と岩との間、水晶のを懸けたような女滝を浴びつつ、今しも痩せたる一人の行者は、一念一心に右手の鈴を振りながら、禁慾鍛身の苦行三昧。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
知れる目よりはこの大山巌々として物に動ぜぬ大器量の将軍をば、まさかの時の鉄壁とたのみて、その二十二貫小山のごとき体格と常に怡然たる神色とは洶々たる三軍の心をも安からしむべし。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
富士の白妙銀細工のものなら、とッくに見るかげもなく、くすぶッてしまったところだ。見よ、さしも人穴殿堂すべて灰燼し、まるで黒焼巌々たる岩ばかりがまっ黒にのこっている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)