“黒焼”の読み方と例文
読み方割合
くろやき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米や野菜や布団などはもちろんのこと、病気にくというほととぎすの黒焼やうなぎのなど、めいめい何かしら見舞の品を持っていきました。
キンショキショキ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
捕われて来た百姓男は、よく、田舎から江戸へ出て来る黒焼売りのような泥くさい風態をしている。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
富士の白妙銀細工のものなら、とッくに見るかげもなく、くすぶッてしまったところだ。見よ、さしも人穴殿堂すべて灰燼し、まるで黒焼巌々たる岩ばかりがまっ黒にのこっている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)